前の作品
 
次の作品
No.50『VIP FANTASY』

作者:fb
そのVIPPERは静かに語った……
この鯖落ちさえも単なる予兆に過ぎぬと。

VIPの源であるVIPクオリティを地中深く引きずり込み
新参を生み出した大きな震えさえも
これから訪れるものに比べればちっぽけなものである。

それはとてつもなく大きく、深く、暗く、そして哀しい…

だが希望はまだ失われてはいない。
四つの魂が光に啓示を受けるであろう

そこから全てが始まり……
管理人から一言
Mosimo A Mosimoはどうしたんだよ!ウボァー

感想掲示板

閉じる