身体の冷えやぎっくり腰、顎のズレを防いで坐骨神経痛を予防

坐骨神経痛は腰椎や骨盤のズレることで、坐骨神経が圧迫されるために起こるものといわれています。坐骨神経痛は意識しない動作に伴ってに起こる場合もあります。たとえば横向きで寝たときなど、上側になっている脚の部分に重力の力が加わることによって、血液の流れが悪くなり、結果として神経細胞の一部に損傷が起きてしまうと、坐骨神経痛の症状があらわれる場合があります。坐骨神経が他の人よりもも短いと簡単に坐骨神経が牽引されるため坐骨神経痛の症状を発症する場合もあります。ストレッチをしたりマッサージを受けることで坐骨神経を伸ばして余裕を持たせてあげなければ、いつまでも坐骨神経痛の痛みや辛さを抱えたまま生活することになってしまいます。

冷えると坐骨神経痛の症状が悪化する場合もありますので、夏場であっても腰のまわりなどは冷やさないように心がけましょう。坐骨神経痛に悩む人の中には、定期的に整骨院に通い患部を温めるための電気治療を行っている人もいます。女性の場合はスパッツやストッキングなどを履くようにすることも大切です。坐骨神経痛に悩む人は多くいますが、顎のズレから坐骨神経痛になってしまうこともあるそうです。虫歯を治療せずに放置し、同じ場所でしか噛まないことで顎がズレたり原因はさまざまです。顎がズレてしまうと頭の重さの3倍にもなる強い力が頚椎、脊椎、坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛につながります。坐骨神経痛の根本原因といわれる顎のズレは、たくさんの病気を引き起こす原因ともなりますので、早めの対処が必要となります。

ぎっくり腰から坐骨神経痛になってしまう場合があります。ぎっくり腰は一度なってしまうと癖になりやすく、その場合は何度もぎっくり腰を起こすことがありますので注意が必要です。ぎっくり腰を悪化させて坐骨神経痛にならないように気をつけなければなりません。坐骨神経痛は原因や症状によっても対処法や治療法は変わってきますが、体操やストレッチなどのリハビリでの対応ができないほど坐骨神経痛の症状がひどい時には手術が必要になる場合もあります。入院して手術となればまとまった時間とお金が必要となってしまいます。坐骨神経痛の症状を個人で判断するのではなく、普段と違う痛みがあったり辛い時には、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

骨盤の歪みが原因の坐骨神経痛にストレッチやつぼマッサージ、リハビリ治療が効果的

坐骨神経痛は身体のバランスが崩れて坐骨神経が圧迫されるために起こるものといわれており、歩いたり座ったりするたびに痛むような症状を発症する場合があります。坐骨神経痛に悩む人の中には、就寝中も痛みを感じてしまうため何度も体位を変えなくてはならないなど、坐骨神経痛が原因で睡眠不足になってしまう人もいるようです。坐骨神経痛は色々なことが原因となり発症しますが、痛み方などの症状や腰痛に関する対処法もさまざまです。整形外科でレントゲンを撮ってもらって原因がわかったら、鍼灸やマッサージに行って相談してみるのもいいでしょう。もちろん効果には違いが出る場合もありますが、坐骨神経痛の痛みが改善されすっきりできるかもしれません。

ぎっくり腰やヘルニアが原因で坐骨神経痛を発症してしまうこともあります。しかし痛みの原因が何であれ、冷やさないというのが坐骨神経痛を予防するための生活の基本となりますので、夏場の冷房や冬の時期の防寒対策、天気の悪い日などは特に気をつけるようにしましょう。坐骨神経痛を治療する場合、痛みの原因となるものをまず治療するということが先決となりますが、坐骨神経痛の症状を和らげるための治療法としては針やお灸、ストレッチ体操やマッサージなどがあります。坐骨神経痛だけではなく、体の健康のことを考えても普段の生活で適度な運動を行うのは大切なことですが、準備運動をしてからスポーツをするという配慮も必要です。坐骨神経痛は誰にでも起こりうるものなので、日頃からのケアが重要となります。

坐骨神経痛の痛みが軽いときには、患部を軽く押すと楽になる場合もあるようです。腰のまわりに痛みやだるさを感じる時には、ゴルフボールなどを使ってゆっくりと指圧してあげるマッサージによって症状が軽減され、楽になるという人もいるようです。リハビリの際はつぼを刺激することを意識してお尻のくぼみや患部のまわりを中心に押すと、坐骨神経痛の症状が比較的楽になるようです。坐骨神経痛は痛みを発症する箇所も痛み方も人によって違いがあるようですが、夜中など自宅で就寝している間に辛い時には、まずは楽になれる方法をいろいろと試してみるのもいいかもしれません。仰向けに寝ると坐骨神経痛の痛みやだるさが出やすいということであれば、うつ伏せや身体を横にしてで寝るという人もいます。就寝時の対応としてはまず一番楽な姿勢を考えるのが大切ですね。

漢方薬やAKA治療による坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の予防として、冷房などをかけすぎないことや自宅で簡単に出来る腰痛体操をしたり、ビタミン剤を飲んでいるという人もいます。女性の場合には妊娠や出産によって腰に負担をかけてしまうためヘルニアや坐骨神経痛になる場合もあります。妊娠中に腰痛の症状がひどい時などは、無理をせず早めに横になったり、クッションを膝の下に引いて休んだりという対処も大切です。どうしてもバランスをとるためにお腹を突き出して歩くため、妊娠中は腰への負担が大きくなってしまいます。無理をせず、横向きになって休むことも行いましょう。

坐骨神経痛の症状は人によってさまざまで、たとえば電気が走るようにピリピリとした痛みがあったり同じ姿勢でいると関節が痛む、お尻の下辺りが痛む人もいます。または歩いたり座ったりするたびに痛む、腰を曲げたり立ち上がる時にズキンと痛みが走るなどの症状がでたりします。あるいは天気が悪いと身体がだるくなったりするなど痛む場所も辛い症状にも色々な違いがあります。坐骨神経痛の治療法として、運動をしたり、鍼灸やマッサージを受けることが一般的です。また漢方薬や内服薬などもいろいろと市販されていますので症状にあったものを飲んだり、カイロプラクティックをする人もいます。

坐骨神経痛の対処法には鍼灸マッサージやストレッチ体操など色々なものがありますが、テレビでも紹介されたことのある対処法として有名なAKA治療を受けてみてはいかがでしょうか。AKA治療とは関節運動学的アプローチを略した言葉ですが、関節の働きを元の状態まで戻してあげることで、関節異常が原因となって痛みが発症している腰痛や膝痛などを根本から治すという、手技療法のことです。AKA治療は、関節の各部位を調べ治療のための運動法則を確立することで、体に負担をかけないように優しくそして最も効果的な運動方法によって治療をしていくという方法です。レーザによる光線治療も併せて行うところも増えてきていて、腰痛や坐骨神経痛に対してさらに効果がアップしているようです。

Copyright © 2008 坐骨神経痛の症状と治療法