姫街道
のんびり歩き


豊川稲荷 本坂峠 気賀関所 wait...



姫街道(本坂通)
姫街道(本坂通)は、現在の愛知県豊川市と静岡県磐田市を浜名湖北側の陸地伝いに結んでいた、全長約60kmの街道です。 姫街道の歴史は古く、『万葉集』にも姫街道に関連した歌が登場します。 江戸時代になると、浜名湖の南側を海岸沿いに結ぶ東海道が主要道となりましたが、 姫街道はその迂回路として利用され続けました。 また、東海道には「入り鉄砲に出女」の厳しい取り締まりで知られた新居関所があり、 それを嫌った女性が姫街道をよく利用したために、「姫街道」の通称となったとの説があります。 篤姫が将軍家に嫁ぐ際にも、姫街道を利用しました。
姫街道には、東海道吉田宿から嵩山宿に向かう道や、市野宿から東海道浜松宿に向かう道などの方法がありましたが、 今回は、東海道御油宿を出発して、浜名湖の北側を通り、東海道見附宿に至る街道を旅しました。


姫街道歩き旅 各宿場町へのリンクは下表です。

東海道 姫街道 東海道





宿



宿


宿


宿




姫街道を歩く
姫街道の地図

< 東海道五十三次歩き旅に戻る >