【東海道53次・江戸方面18日目】 :六合駅〜岡部北口バス停(17.5km)

この日の目的地は岡部宿。前回は体調不良のために途中リタイアしてしまいましたが、今回は何とか計画通りに旅を進めたいな、と思いつつスタート。

松並木を藤枝に向けて歩きます。
途中には右下の様な看板もあり、ちょっと心が和みます。

松並木  弥次喜多

藤枝宿に向かう途中にあった瀬戸立場では、「瀬戸の染飯」と呼ばれる名物が売られていました。 染飯は、くちなしの実で黄色に染められておにぎり形に整形された携帯食で、足腰に良いと、東海道を旅する人々から人気だったそうです。
※下の写真は土山宿にある「東海道伝馬館」に展示されていたサンプルです。

瀬戸の染飯


E20.藤枝宿  (現在の静岡県藤枝市)


東海道53次藤枝宿の浮世絵  (広重『東海道五拾三次之内 藤枝』より)

勝平橋を渡ったら藤枝宿です。藤枝宿はJR藤枝駅よりも随分離れた場所にあるのですが、現在でも商店街として栄えているようです。

勝平橋 町並み

藤枝宿で僕が一番見たかったのは田中城です。
田中城は徳川家康が隠居していた駿府城の西側の防衛拠点として重要視された城です。 この田中城はお城マニアの中では有名なお城のようです。その理由は、このお城の形が下の図のように丸形であること。 普通はお城の堀は多角形なのですが、こんな丸形なのは珍しいそうです。

田中城碑  縄張り図

田中城跡は東海道からちょっと離れたところにあるのですが、寄り道しました。
現地に行ってみると、お堀や道路がカーブしており、歩いていても田中城が丸形であることが分かります。

堀跡  曲がった道

田中城の本丸跡地は学校になっていますが、その代わりに下屋敷が復元されています。 ここには田中城縁の建物が移築されており、かつての田中城の様子をうかがい知ることができます。 僕が行ったときにはお城マニアのような女の子2人組が来ていました。田中城は、やはり知る人ぞ知る城址のようです。

下屋敷跡  庭園

田中城から東海道に戻り、旅を続けます。ふと道路脇の標識を見たら「日本橋まで197km」とありました。 知らない間に200kmを切ったようです。なんだか力が湧いてきました。

あと197km


back home go