【東海道53次・江戸方面11日目のつづき】 :二川駅〜新居町駅(16.2km)

E11.新居宿  (現在の静岡県浜名郡新居町)


東海道53次新居宿の浮世絵  (広重『東海道五拾三次之内 新居』より)

白須賀宿から新居宿までは随分長い直線道になります。
地図で見るとすぐ南には太平洋があるのですが、実際に歩いてみると全く海は見えず、北側には山が、南側には平野が広がっています。 「ようこそ新居町」の看板を通り過ぎてもなかなか新居宿には着きません。単調な風景の直線道なので、実際の距離以上に長く感じてしまいます。

新居町看板

白須賀と新居の中間付近には立場(いわゆる休憩所)がありました。
「立場では旅人を見ると湯茶をすすめたので、ある殿様が「立場立場と水飲め飲めと鮒や金魚じゃあるまいに」という戯れ歌を詠んだという話が残っている。」 (立場の案内板より抜粋)

立場付近  立場碑

二川宿から白須賀宿まで延々と登り坂を登ってきたため、この辺りまでやってくると疲れが溜まってしまい、なかなか足が前に進みません。 しばらくの間はながい松並木を見ながら歩きます。

松並木

くたくたに疲れ果てて、ようやく新居宿付近まで到着です。
新居宿の西側はクランク構造になっています。

まずトラックと同じ方向へ左折して・・・

ここ左折

ちょっと歩いたら次は右折して・・・

ここ右折

もう1回左折したら新居宿の宿場町に入ります。

ここ左折

新居宿では旅籠「紀伊国屋」を見学です。「遠江国の宿なのになぜ名前が紀伊国屋?」と思ったら、この旅籠は紀州藩の御用宿だったそうです。 建物の中を見学してみると、たしかに庶民が泊まった旅籠にしてはちょっと立派な作りになっています。

旅籠  入口

お風呂場には何故か時代劇ドラマ『水戸黄門』に出てくる女忍者・お銀(由美かおる)のサインがありました。 やっぱり、江戸時代のお風呂と言えば、お銀さんなのでしょう。

旅籠内  風呂場

新居宿で一番の見所は、もちろん新居関所です。 昔は新居宿とその次の舞坂宿は浜名湖により隔てられており、そのため旅人はここから船に乗る必要がありました。 新居関所は、船に乗り降りする際に必ず通らなくてはならない場所だったのですが、役人による取り締まりがとても厳しかったそうです。

東海道を旅する多くの人を取り調べた新居関所なので、さぞかし大きな関所だろうと予想していたのですが、実際に行ってみると部屋も敷地も意外に小さくて驚きです。

関所門  関所庭

僕も取り調べを受けました。

役人

取り調べが終わった旅人は、船に乗って浜名湖を東へ向かいます。
左下の写真は昔の船着き場で、関所のすぐ脇にあります。江戸時代以降埋め立てられたのですが、近年になって復元されたようです。
現在では浜名湖に橋が架けられているので、対岸の舞坂宿まで歩いて行きます。

船着き場跡  看板

この日はJR新居町駅まで歩いて終了。二川宿から新居宿まで、実に疲れた旅路でした。


back home go