キャンプ報告No.1

キャンプ場名 場所 環境
クリオフィールド 北軽井沢(群馬県吾妻郡) 林間
キャンプ場の感想
キャンプサイトは広い。トイレは清潔で、水場ではお湯が出る。
虫は多い、秋には蚊が多くて困った。カブトムシも飛んできた。
北軽井沢の中心からちょっと離れているが、基本的に観光地型キャンプ場である。
このキャンプのポイント
今回初めてGW中にキャンプ場に行った。基本的に混雑が嫌いな為であるが、諸般の事情でキャンプとなった。
やはりいました、大音響で音楽を流している輩が。1組だけだったがまったく迷惑である。
私のサイトは広場に面していて良かったと思ったら、キャッチボールをする者がいた。
小さな子供がたくさんいたのでキャッチボールは危険である、案の定飛びこんできた。
あとは寒さについてである、寒くて「もうキャンプは嫌だ」と言われないか心配だった。
予想通り寒かったが、予想外に一番寒がったのは私でした。
キャンプ場に着くとママと姫はおもちゃ王国へ。
パパはひとりでテントとタープの設営だ。
設営を終えコンビニのおにぎりを食べてのんびりしようとしたらママと姫のご帰還である。
子供の遊び道具を無料で貸してくれていて助かった。
すぐに飽きてしまうので、家から持っていくにもかさばるだけである。
広場には砂場や土管で作った遊具が置いてあった。
ペットを放すことが出来るスペースもある。
左の写真は釣堀である。
姫が釣りをしたいと言って困った。
前回来たとき黄色い虹鱒を釣ると賞品が貰えると言うので釣りをして、姫も釣ったのである。
釣堀は恐ろしい、釣れば釣るほどお金が掛かってしまうのだ。
一応私も釣師なので、釣堀では釣りたくない。
姫だってすぐに飽きてしまうのは分かりきっている。
廃材利用の遊具
古タイヤや土管を使った遊具があり、姫も喜んで遊んでいた。
管理人は公的キャンプ場と違い愛想が良い。
子供の相手などもしていた。

戻る