タロット王国

『魔術師のタロット』とは

 
 

 私たちがいうタロットの世界は、《世界の霊的周期(宇宙の経綸史)》を理解し、それを明確に自覚するところから始まる。それを伝承し、実現し、発展させる現代の「密儀」の実践が、タロットの役割である。従って現代タロットは、「霊的周期の変化」を示すカードを史上初めて発表した、「トート・タロット」から始まる。そのタロット論を他のタロットカード論と明確に区別するため、私たちのタロットは『魔術師のタロット』という。

 「魔術師」の定義を、ドイツの神秘主義者ヤーコプ・ベーメ以来の伝統を踏まえていえば、「宇宙の基底に繋がり、宇宙の創造者とともに天地創造の第8日目以降を創造する者」ということができる。現代の霊的周期を「トート・タロット」は「第3アイオーン(周期)」として捉え、探求者はその「第3アイオーン」の本質を明らかにし、それを内在的に十分に体験し、新しい大宇宙の創造作業に参画していく。

 そして、創造作業の基礎的な土台になるものが、この世における「絶対的結婚論」の確立と実現である。その「絶対的結婚論」の確立と実現の場が、《タロット王国》である。

 《タロット王国》は「タロットの霊・フル」が地上に到来し、世界を内在的に変革していく場である。「タロットの霊・フル」は個人を通してではなく、《タロット王国》を通してこの地上に到来する。そして探求者は《タロット王国》に接続することによって、「タロットの霊・フル」の内へ包み込まれていく。

 「#0.The Fool(フール)」のカードは「タロットの霊・フル」を象徴し、「#0.The Fool(フール)」のカードとヘブライ語の上でペアをなす「#8.Adjustment(真理の女神)」のカードが、《タロット王国》を象徴する。The Fool は「天」を意味し、「女神」とは「地上の場」という意味である。従って、#8.Adjustment を象徴する人物は女神マアトだが、トート・タロットによれば女神マアトとは「駝鳥」のことである。駝鳥は、天上を飛んでいた鳥が地上に降り立ち、もはや天上には帰らず、天上に逃げずに地上で生き続けることを意味する。それは「天上界」と「地上世界」の合一を示すものである。

 「第3アイオーン」とは、「天上界」と「地上世界」の合一した時代の実現を言い、『トートの書』の著者アレイスター・クロウリーは彼独自の「性魔術」を通してそれを実現させようと試みた。しかし失われた故郷を取り戻そうとする、今後数世紀にわたる民族紛争の時代に直面している現代のわれわれは、血族や民族を超えた「絶対的結婚」の地上での実現の内に、「第3アイオーン」の時代を生み出そうとしている。そしてそれは、『魔術師のタロット』の学びと修得によって可能であるとわれわれは確信しているのである。

 絶対的結婚の場とは、天地が合体して躍動する所であり、『創世記』の時代以来の「創造の第8日目以降」が続行されていく、地上の核となるものである。


タロット王国ファウンデーション推進委員会

代表:レオン・サリラ

Copyright © All Rights Reserved, Leon Sharira & Studio D.G.