闇金の対処

闇金で借りてしまって怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

普通の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

闇金の対処悩み


おすすめの弁護士

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

キャッシングに慣れてきた人にありがちなのですが、借入ばかりに気を取られて返済の意識が薄れ、支払えなくなるということは絶対にやってはいけません。その業者だけでなく、あらゆる金融機関とのローン契約を制限される恐れがあります。保証人も担保もない個人にお金を貸してくれるのは、その人を信用して融資しているということです。間違っても行わないように注意しましょう。最近始まったマイナンバー制度ですが、今後は利用範囲が金融関係にも広がるため、今、家族に内緒でキャッシングをしている場合、マイナンバーが原因で家族に借金を知られてしまうのではと心配している方も多いようです。借金の情報が開示されてしまうようなことはありえません。自己破産の過去ですら、マイナンバーに紐付けされた情報には含まれないのです。しかし、住宅ローンなどの契約の際に契約できないなどで結果的に家族に発覚してしまうことがあるかもしれません。

金融機関から個人で小口融資を受けることをキャッシングといい、主に、銀行や消費者金融がサービスを提供しています。あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともキャッシングと呼ばれることが多いです。消費者金融や信託会社などはノンバンク系と言われ、銀行の提供するサービス、いわゆる「銀行系」とは区別されます。なぜなら、銀行のキャッシングと、それ以外のサービスは、それ以外の業者の場合、貸金業法が規定されています。毎月の返済日にきちんと返済を続けて、返済実績を積み上げておくと、業者から追加融資の提案をされると思います。仮に、返済遅延したり、あまりにも短い間に複数回借り入れた場合は、お金に困っている印象を与えるので、限度額の増額は諦めてください。信用度が下がっていますから、当然です。追加融資ができるのか、その額はどれくらいなのかといった疑問は、業者に問い合わせれば丁寧に答えてくれるでしょう。しかし、一度断られたら、素直に受け入れてください。どのような事情があろうと、何度も何度も電話したり、理由を問いただすようなことは厳禁です。

サークルやイベントごとなど、大学生ともなると、お金が必要になる機会が増えるでしょう。もし成人済みでバイトなどをしていれば、金融機関のキャッシングサービスでお金を借りることができます。同様に、アルバイトなどの安定収入があるのなら、学生ローンでは18歳以上から借入できますし、金利も低めになっています。意外と盲点なのが、クレジットカードです。キャッシング枠を利用することで現金を工面できるでしょう。このように、学生がお金を借りられるサービスにはいくつかのものがありますが、バイトなどで収入があることが絶対条件になります。学業が忙しい場合もあるとは思いますが、今、派遣で働いている人でも、キャッシングでお金を借りることができます。安定性が欠けるため融資できる最大限度額が、少し低くなることが多いです。しかし、定期的な安定収入があれば、会社員と違って、所属会社が一つでない派遣社員の場合の在籍確認は、派遣元か前もって業者にそのことを伝えておけば、ご自身の都合の良い方に連絡がいくように対応してくれるでしょう。

闇金の対処

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼