【リプレイ風小説 第3話 ウラワザ】

 

おまけ

【ござるの真実】

ス 「ござるのダンナ、ちょっと聞きたいことがあるんだけどさ」
サ 「なんでござる?シーフ殿」
ス 「ひょっとしてさ、オイラと話すときだけ、ワザと『ござる』って言ってない?」
サ 「あ、わかったでござるか?」
ス 「・・・」

 

おまけ

【新しいペット】

ス 「ゴンちゃん、ひょっとしてさ、君、おん・・・」
ゴ 「オラ、ペットが欲しいだーよ」
ス 「え?う、うん。そうなんだ」
ゴ 「ゾンビがいいだーよ。どうせなら鍵開けとかトラップ解除とかできるゾンビがいいだーよ」
ス 「そんなゾンビなんているの?」
ゴ 「多分いないだーよ」
ス 「そっかー」
ゴ 「でも、大丈夫!いなければ造ればいいだーよ!」
ス 「ど、どうやって造るの?」
ゴ 「それは、ひ・み・つ!だーよ」
ス 「・・・」
ゴ 「知りたい?」
ス 「・・・できれば、知らなくて済ませたいです」

 

 おまけ

【テイマー漫才】

フ 「テイマーのフラウです!こっちが テンツク で、こっちが ドンツク です」
テ 「ウッキー!」
ド 「ウッキャー!」
フ 「今日はいい天気だね」
テ 「ウキャキャ!」
フ 「うんうん」
ド 「ウキャッキー!」
フ 「ホントー?」
テ 「ウキッキ」
ド 「ウキキャー!」
フ 「それは、エアロスミスでしょ!」
テ 「ウキキ」
ド 「ウキッキャー!」
フ 「もうやってられないよ!どうもありがとうございましたー」

 

 おまけ

【シーフの技】

パ 「スニーク、後学のために聞いておきたいんだけど」
ス 「なにさ、アネさん」
パ 「応急処置の技と解毒の技の他に、シーフの癒しの技ってどんなのがあるの?」
ス 「うーん。。。癒しの技ね」
パ 「そうそう」
ス 「あとは、『ちちもみ』かな」
パ 「それって、どんな技なのよ」
ス 「えと、どんなに疲れてても元気になる」
パ 「誰が?」
ス 「オイラが・・・って、ちょ、ちょっとアネさん、ヤメ、イテッ!死んじゃ・・・」

おまけ

【ルインなんとか】

フ 「このルインなんとかを受けてみろ!とう!」
テ 「グワッ!」
ド 「グギャー!」
ゴ 「やられただーよ!」
ス 「・・・嬢ちゃん達、ナニやってるの?」
フ 「あ、コソドロさん」
ゴ 「ルインなんとかごっこだーよ」
フ 「そうそう」
ス 「へー・・・」
フ 「鎧をも壊すルインなんとかの威力見せてやる!」
ゴ 「許してだーよ」
テ 「ウキキー」
ド 「ウキャー」
フ 「泣いても無駄だよ!ルインなんとかの餌食にしちゃうんだから!わーっはっは!」
ス 「び、微妙に、悪者になってる!?」
 

 

                        <戻る>