中途採用と転職事情

ここ数年好調の自動車業界、成長途上のIT業界、業績が回復してきた金融業界・・・。目指す業界の求人情報はどうなのでしょうか。どんな人材が求められているのか。業界ごとにまとめました。他業界への転職を目指している方は是非参考にしてください。

・IT業界概要

業界の景気回復・成長により、良好な転職環境が続いています。システム構築より運用ビジネスを重視しつつあります。

・金融業界概要

しばらく低迷していた金融業界でしたが、最近は日系外資系問わず求人数は増加しています。少し下がったとはいえ、他業種よりも給与水準が高いのが魅力の1つです。

・不動産業界概要

不動産価格の上昇など業界が活況で、求人数は伸びています。

・自動車業界概要

相変わらず好調な自動車業界。数年前から求人数は伸びていましたが、現在は落ち着き、求人の伸びは緩やかです。

・食品業界概要

1次産業・外食産業も合わせると、規模は70兆円にもなります。外資系・中小企業が中心だった求人は、国内大手増え始め、全体的に求人数は増加傾向にあります。食品業界内でも様々な分野がありますが、注目の分野は拡大し続ける健康食品関係、特に特定保健用食品の数が増えています。

情報の探し方

・業界新聞、業界雑誌
業界新聞は図書館などで閲覧でき、業界雑誌は大型の書店で購入することが出来る。業界の動向、景気などの情報が掲載されている。応募業界や企業の大よその流れをつかむ為には非常に大事である。
・会社四季報 s
普通の書店で購入が可能。企業の事業内容、詳細な業績などが掲載されている。
・企業のWebサイト
企業のWebサイトには今後の事業展開や、経営方針などが掲載されていることが多く、書類作成などの際に役立つ情報となる。
・縁故による転職
文字通り知り合いや親戚の紹介で転職をする事です。コネという事で嫌う人がいるかも知れませんが、コネも自分の能力と考えれば最大限に生かすべきでしょう。

  • ・選考がほとんどない
  • ・求職活動をしなくてすむ

デメリット

  • ・転職しにくい
  • ・周りの目が気になる
転職の目的

実際に転職活動を始める前に、何故転職を考えたのか、じっくりと考えてみるべきです。そうしなければ、また「転職したい」と、転職を繰り返してしまう原因になりかねます。理由は色々あるだろうし、1つの事で特定は出来ないかもしれません。経理など管理部門では、人間関係などのネガティブなものが多いかもしれませんが、転職の動機は前向きなものにしたいですね。「給与が不満だから転職したい」と考えるよりは、「給与をアップさせたいから転職」と考えるほうが前向きでしょう。同じようにも思えますが、後ろ向きか前向きかでは転職活動の結果もだいぶ変わってくると思います。