スイーツについて

スイーツ

女性にとってスイーツ、お菓子とどんなにお腹が一杯でも、別腹と言って、食後になくてはならない重要な食べ物であります。
これを食べないといつまでも気分的に満たされないものがあります。

疲れているときには甘いお菓子が欲しくなってしまいます。
しかし、ひとかけらのチョコレートや飴を少し舐めるだけで元気になれるから、不思議なものです。

お菓子といえばフランス菓子が最も有名ですが、日本のお菓子も負けてはいません。
特に、日本の製菓技術は世界的にも非常に高く、スーパーやコンビニで手軽に買える安いものでも大変美味しく、レベルが高いとされています。

6kl0−・かし、そのお菓子も歴史を紐解いてみれば、中世ヨーロッパにおいては、お菓子を食べるのは貴族や一部富裕層の特権でした。
蜂蜜、砂糖等の素材は高価であり、しばしば特別な贈り物とされていました。

これは、日本においても同じで、お菓子はなかなか庶民には浸透していませんでした。

製糖技術の発展や社会情勢の変化に伴って、フランスではフランス革命以後、日本では江戸時代後期にようやく一般の人でも食べられるようになりました。

お菓子は国により様々な特徴があります。
もとは同じ材料や製法で作られていたものでも、長い間をかけて、風土、特産物を生かした洗練されたお菓子へと変貌を遂げていくのです。