|| 喪中はがき印刷なら【Cardbox】今なら早期割引・5,000円以上送料無料です。

 

→ 喪中はがき印刷

→ 喪中はがき見本

→ ページ名

 

→ 喪中はがきのジオログ

→ 喪中はがきの日記

 

喪中はがき印刷の注文は→こちらから

 

Q 喪中はがきはいつ出せばいいの?

A ほとんどの方が12月中に年賀状を印刷・投函を済まされますので11月中が良いでしょう

喪中はがき印刷10枚 ¥2,117より

    喪中の期間はいつまでなんでしょう?

    家族や親戚が亡くなった場合、自分が喪中になるのかどうかわからない。こういう方は案外多いのではないでしょうか。

    結論から言えば、どのくらいの期間を喪中というか、どこまでの範囲の親戚が該当するかなど、厳密な決まりはありません。地域によって、宗派によって、各家庭の事情によって異なります。

    忌中と喪中の違い最近は新年の挨拶をメールで行う人も増えてきましたが、喪中のお知らせをメールだけで済ませるのは失礼です。

    「喪に服す」と言いますが、正確には「忌」の期間と「喪」の期間は異なります。

    忌中とは、神道の「穢れ(ケガレ)である死を忌む期間」という考え方から、忌中時(五十日)は出仕(仕事)を控え、殺生をせず、髭や髪を剃らず、神社に参拝しない、としています。仏教では四十九日法要が終るまでを忌中とされています。一方喪中とは、「死者を偲ぶ期間」であるとされ、忌中とは別の考え方になるのです。

     日本では、喪中の規定に関する法律は奈良時代の「養老律令(ようろうりつりょう)」にはすでに見られ、江戸時代になると「服忌令(ぶっきりょう)」という法律によって喪中の規定がはっきりなされていて、これらによると父母の喪は12か月〜13か月であると制定されています。

    明治7年の太政官布告による服忌令では13か月、明治42年の皇室服喪令では12か月と、こちらもほぼ同様の期間が決められています。

     現在は服喪期間についての法律はありませんが、だいたい12か月〜13か月が一般的。つまり少なくとも両親が亡くなった場合には、それが何月であろうと新年は喪中であるということになるのです。

     

    一般的な服喪期間

    服喪期間について、あくまで参考程度になりますが一般的には下記のとおりであると認識されています。

    父母、養父母、義父母…12か月〜13か月

    子供…3カ月〜6か月

    兄弟・姉妹…30日〜3カ月

    祖父母…3カ月〜6か月

    祖祖父母、叔父叔母、伯父伯母…喪中としない

     

    喪中はがきとは

    近親者で1年以内に不幸があった時に、毎年年賀状を出している相手にその旨を知らせる為に出す挨拶状が、年賀欠礼状、すなわち喪中はがきです。

    「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」

    出す時期は、相手が年賀状を書き始める12月上旬までに届けるようにします。そうなると、11月中には準備しなければならないので、お早めに!

    喪中はがきは欠礼状ですから誰の喪中なのかは書いても良いですが、近況報告は控えましょう。

    その代わり、新年のご挨拶を代わりに寒中見舞いで出すこともいいですね。

     

     




    Copyright (C) 2011 喪中はがき印刷【Cardbox】 All Rights Reserved.

Yahoo!ジオシティーズ