ワイルドアームズ リレー日記、第5走



第5走目にラインナップされたワイルドアームズリレー。
まずマジックスタッフを使えとばかりにサルにごますりの儀式をおこなう。
目立たない迷宮を駆け抜けて熱い砂漠がやってくる。


新シリーズ船の墓場ヤードのキーパーソン的な役割を演じているのがダンだ。
つまり、ダンは散歩する庭園で、妻の形見の獲得の約束を要求した。
ギーグマンティスもサンダーボルトでスリリングな攻防を展開したがザックが弧軍奮闘。
しぶとく戦いつづけてついに「せんこうのいちげき」を手に入れた。


幽霊船のハイライトはキャプテン・ガイストとの船をめぐる戦い。
ガイストはフェイバリット技バニシング・バスター・アンカーをだんだんと叩きつける。
どことなく釈然としない展開ながらかろうじて幽霊船を獲得。
バーソロミューは空位となったスィートキャンディー号の第1コンテンダーに認定した。


自家用船でロゼッタに到着するとエルゥの少女マリエルが登場。
聖森の塚でマリエルを待ち構えていた町長の息子が予想通りのこのイベントを妨害。
マリエルはひとりぼっちじゃないことをアナウンス。複雑な人間関係をますます浮き彫りにした。


ヴォルカノントラップで開催されたダブルメインイベントはゼットとベルセルクがディスプレイされていた。
1本目はワイルドアームズで誰よりも驚かせる男の凶刃乱舞に悲鳴をあげた。
2本目はベルセルクが麻痺攻撃をつけて襲いかかった。
予想通りの持久戦となったマラソンマッチを2-0のスコアで制し「あかいじゃしん」をその手中に収めた。


ラストシーンでは敗れたベルセルクは完全消滅。マザーの独断ショーと化したナイトクォーターズの首脳会議。
「同族殺し」「処刑人」いやしき二つの名のブーメランが加わったと宣言した。


つづく