誕生よりマイナーチェンジごとに大きくたったの4つに分類されるリーバイス517。マニアックスによるサドルマンのための
517の歴史のお勉強コーナー。その名も 「517ヒストリカルマテリアル」
良く知ってる人も良く知らない人も、アナタのデッドストックコレクションやオークションの出品への参考資料に、ゼヒ活用してほしい。

さて、早速上の表を注目してみてほしい。コレが517を寸分のスキなくカテゴライズした世界唯一の正しい理解表である。
上の段が呼称。ビンテージ、オールド、レギュラー、現行、となる。更に「ビンテージ」の中の「ビッグE」と「66前期」「オールド」
中の「66後期」と「オールド」にカテゴリーを分類することによって、より価値を明確にすることが出来る。
つまりレギュラーといえどもその中には歴史を見出すことが出来るようになったそれはそれは画期的な資料である。

それではスタート。

※)ココでははシビアに66後期はオールドに分類、プロ仕様とする。
Vintage Later Old Reguler
写真左より66ビンテージ66オールドオールドレギュラー。いかに時代が移り変わろうとも、その不変のヒザから下にかけて絶妙に
緩やかにフレアする股上の深いシルエットはいつの時代も唯一無二に健在である。「古い=○○になってる」と言われるのはレングスが
微妙に関係しているものであろう。517はいつの時代も517であってブーツジーンなのである。

Vintage Later Old Reguler








さて、歴史を巡る旅は始まったばかりだ。トップボタンの表裏、そしてジッパー。
順にトップボタン裏の「2」、「16」、「655」、「501(笑」。と、古い順に番号が比例していないことがウカガイ知ることが出来る。ちなみに「16」
の66ビンテージ、「8」の66オールドも現存する。タダの工場識別番号と言うウワサが有力ともあるが、「自慢のネタ」もしくは「古い♪(嬉」位で
ウワサにとどめておきたい。もはやいちいち説明不要のタロン42ジッパー。オールドまで見られるパーツである。
他にスコービル、ユニバーサル等が一般的。レギュラーになると「Levis」刻印が入る。

Vintage Later Old Reguler








このあたりから確証が持てるアイテムがチラホラ...ステッチの色とリベット裏。66前期後期の重要識別アイテム、
ベルトループのバータックが黒綿糸混じりである。以降は全て問答無用でコアヤーンの糸を使用している事により、
ココだけでも識別は出来ると言って差し支えない。
ちなみに66後期の青いステッチは確証アイテムとして扱ってはならない
他にスレーキのステッチも各同様に、あんましアテにならないようである。
※)コアヤーン:ポリエステルの芯に綿をマブした糸の事。キラキラとキレイで丈夫だが、アジはあんまし出ない。

Vintage Later Old Reguler









紙パッチに隠される秘密について注目してみよう。見たまんまである、以上。と、言いたいが。
例の517-0217の上の"CARE INSTRUCTION INSIDE GARMENT":(”中に付いている洗濯注意表示を見なさい”)という印刷が古めの
レギュラーまで続くのは517、505を筆頭にジッパーフライモデルの特徴とも言える。普通の(501-66モデル)認識をウンチクたれるのは、
ワタシに”勝った!”と、思わせるだけなので今一歩引いてみて注意してほしい。あとは”100%COTTON”にも注目すると
66前期66後期&オールド&レギュラーの一部現行を含むレギュラーでは字体が違うという、マニアックで自分でも複雑な発見をしている。
ちなみにリーバイス”E”復刻はこのあたりの特徴をよく捉えている。どうでもいいのに。
Vintage Later Old Reguler



Hot Wash-Normal
Cycle.color will
Bleed.wash &
Tumple ALone
Shrinks Approx 3%


--------SF207

No soak.No hand wash-
Hot wash w/detergent
Color transter when new-
wash alone before
Wearing shrinks abt 3%

---------W ----L


No soak.No hand wash.
Hot wash w/detergent
Color transter when new.
wash alone before
Wearing shrinks
about 3%

----W----L

Reguler
MACINE WASH HOT
NORMAL CYCLE.TUMBLE
DRY.WASH AND DRY
WHTH LINE COLORS
C**** MAY TRANSFER
***** NEW WASH
BEFORE W*A****

Existing
MACINE WASH WARM
NORMAL CYCLE.ONLY
NON-CHLORINE BLERCH IF
NEEDED.TUMBLE DRY HOT.
HOT IRON IF NEEDED
WPL 423
「見なさい」 と言われた以上、注意深く見てみると66前オールドレギュラー現行
と、確実に5モデルを分類できるアイテムがココにあった。実はこのページのキモ、計り知れないほど重要である。
付けられている場所は各々違うがあまり確証は持てない。
しかし、たいがいは擦り切れて読めないであろう。

Vintage Later Old Reguler




インとアウトのそれぞれシームであるが、世間一般的に言われる縫製と糸の色でまとめてある。が、
66前期と後期について糸の色がはそれぞれミックスされている場合が多いことも、
数多くの「コレは前期後期どっち?質問」のメールによって明らかになりつつある。皆さんホントにありがとうございます。
インシームはそれぞれシングルステッチでアウトサイドは前期が茶、後期が白、オールドが茶と金。
レギュラーはイン2本針ステッチ、アウトはこんなカンジ。裾はレギュラーではインストア状態でチェーンステッチでないものも多数ある。

Vintage Later Old Reguler








そして仕上げに確認。バックポケット裏はシングルステッチか?チェーンステッチか?バータック色は黒?紺?糸は綿?コアヤーン?
そして何よりビンビン伝わる「タテオチの予感」が66前期にのみ感じられる。
実は66はバックポケットだけで前後期判断出来るとすれば、それは質問された人には遠まわしにナイショにしておかなければならない。

写真は黒いコアヤーン糸によりバータックされている赤ミミ最終期頃の501。66前期を除き、洗うほどにこのコントラストがクッキリしてくる。



517 BootCut MANIACS


------------------------------- 517maniacs------------------------------

(C) 1998 All rights Toricorole an army corps. Reserved.
























Vintage Later Old Reguler