全国田楽祭・宇治田楽(宇治市文化センター)

11月3日に宇治市文化センター大ホールで全国田楽祭が行われました。

これは、京都国文祭関連のイベントです。
全国の田楽祭、と言っても8つの団体だけでしたが…貴重な祭事だらけです。
イベントは、会場の前半分が招待客さんの席。後ろ半分が一般席。正面の一番後ろが、カメラマン席となってました。

全国田楽祭は、撮影が禁止とのアナウンスが…
会館・ホールクラスは一般的に撮影禁止が多い。ただし関係者さんは別。
しかし、見ていると一般でも招待者さんでも撮ってる撮ってる。それを注意するわけでもなく、黙認状態。

オープニングは地元の吹奏楽や合唱。
全国田楽祭に参加したのは、京都府から「宇治田楽」
和歌山県「有田田楽」 国選択無形民俗文化財
岐阜県「下呂の田の神祭り」 国指定重要無形民俗文化財
東京都「王子田楽」 東京都北区指定無形民俗文化財
静岡県「西浦田楽」 国指定重要無形民俗文化財
長野県「新野の雪祭り」 国指定重要無形民俗文化財
茨城県「東金砂神社田楽舞」 国選択無形民俗文化財
茨城県「西金砂神社田楽舞」 国選択無形民俗文化財

静岡県「西浦田楽」や長野県「新野の雪祭り」などは夜に行われる為、貴重な祭事です。
長野県「新野の雪祭り」なんて、1月14日の月の出〜15日の日の出に終わります。
茨城県「西金砂神社田楽舞」は7年に1度しか行われない祭事です。
茨城県の東・西の磯出大祭礼なんて73年に1度…

こんな貴重な全国田楽祭、黙認状態なら撮っておく方がいい。
和歌山県「有田田楽」〜茨城県「西金砂神社田楽舞」まで撮りました。
ただ、仮にも撮影禁止ってなってるので、ホームページには画像を載せません。自分なりの資料にしておきます。

一つの田楽舞がおよそ40分ほどあり、十分、見られました。
中には、餅まきをするところも数団体。当然、前の席が招待者さんですから〜

最後の茨城県「西金砂神社田楽舞」では、
ホール内で神職さんが神事を行い祓いや祝詞も。もちろん田楽舞も。

12時〜18時頃まで、6時間。長かった〜でも大変に良かった。
最後に、宇治田楽の踊り手さんが後ろから登場。
袋に入った宇治茶あめを配っていきます。3袋いただきました。

エンディングの様子は大丈夫でしょうから…


2011年に行われた「全国田楽祭・宇治田楽」の様子です。

宇治田楽まつり(トップ)