田植えの神事(建部大社)

6月15日に、建部大社で田植えの神事が11:00に行われます。(滋賀県大津市:6月の歳時記)
建部大社の田植の神事、正式名称は挿秧祭かも知れません。
早苗、田植えの災いを祓い、秋の初穂の実りを祈願しておこなわれます。
以前は神饌田があり、そこで行われていたそうですが、今は神饌田もなく神事のみ行われています。
田植の神事は本殿前でおこなわれます。神職さんや参列者2名さんを祓った後に祝詞です。
  

続いて、参列されている2名の方が本殿前に行き、左右に分かれて所作をされます。
四角(田と意味してる)の角に榊の葉を置かれます。ここでは早苗でなく榊です。その後、玉串で神事は終了します。
  

この時期、建部大社には茅の輪が置かれています。


〜建部大社の行き方〜
京阪「唐橋前駅」下車、徒歩7分/JR「石山駅」下車、徒歩20分。


京都近郊で行われる【御田植祭】