御田植神事(住吉大社)

6月14日、住吉大社で御田植神事が13:00より行われます。(大阪府大阪市:6月の歳時記)
御田植神事は、秋の実り・五穀豊穣、豊作の予祝を願って行われるものです。
住吉大社の御田祭は日本三大御田祭の一つです。他の2つは、香取神宮(千葉県)伊雑宮(三重県)です。
御田植神事は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
御田植神事は、神饌田の御田祭以外に、粉黛式・戴盃式がありますが一般の人が見れるのは本殿祭と御田祭です。
参列者の祓いが石舞台で行われた後に本殿まで奴を先頭に武者や八乙女、参列者さんが移動します。


本殿祭では、植女に早苗を渡し、神前より御神水を奉耕者の長である大田主に渡します。
この後も一般的な神事が続きます。本殿前の正面後方には稚児が自由、気ままに…


本殿祭が終わると神饌田に行列が移動します。
奴を先頭に風流武者、雑兵が続き神職さんが続きます。八乙女さん稚児さんが続きます。
植女さんや田植踊さん替植女さん、最後は住吉踊さんです。



御田を見るには有料と無料、どちらでも見られます。
有料の場合は座席が2000円、立見が1000円です。一応、パンフなどの資料付きです。
※時間的により入場券は売り切れになります。
今回は、初めてだったので無料で撮ってみました。無料でもこの程度は撮れるであろう画像です。

神饌田はこんな感じです。中央に舞台があります。ちょうど住吉踊りさんが入場されてます。


御田式が14:00に始まり、最初に神職さんが神田の四方を祓い清め、続いて大田主が御神水を田に注ぎます。
続いて早苗授受です。舞台に植女と替植女が整列します。
本殿祭で植女に渡された早苗を替植女に渡されます。替植女とは実際に田植、苗植をする人達です。


御田式の手順(奉納行事)です。
☆神楽女による八乙女の田舞☆御稔女による神田代舞☆武者による風流武者
☆男児による源平合戦☆女児による田植踊☆女児による住吉踊

八乙女の田舞が舞台上であります。


奉納行事が始められると同時に、神饌田では苗植の作業が始められます。


御稔女が神田代舞と雨乞いの舞で豊穣祈願を。
御稔女は、大阪花街連盟による厳正な審査を受け、新町廓の一番の舞手がされます。
舞の途中、牛が役目を終え退場します。


続いて風流武者で侍大将が武運長久を祈る所作をされ、源平合戦です。
紅白から男児の雑兵と武者が。武者は舞台で陣太鼓・鐘・法螺貝貝を。紅白の雑兵が棒打合戦をします。


女児による田植踊。舞台では円になり、畦道で太鼓と歌が。
【田植踊】
♪神の田植に 目立つものは 並ぶ乙女の 赤だすき
♪出船入船 日に千艘の 船も詣づる 四社の前
♪松の間に 淡路の見えて 神に三つ四つ 真帆片帆
♪田植しまうて 笠とり見れば 淡路島根に 陽の落ちる


最後は、住吉大社と言えば住吉踊です。いろいろな祭事には必ずと言ってイイほど住吉踊があります。
♪住吉様の イヤホイ あらおもしろの 神踊り
♪天長く地久し 天下泰平 国土安全 五穀成就
♪民栄え 治る御代の ためしとて かねてぞ植えし
♪住吉の 岸の姫松 目出度さよ エイ住吉様の イヤホイ


祭事が終わると神饌田には苗が…一面に。


早乙女の田植踊は有料席側だけ見られます。

〜住吉大社の行き方〜
南海「住吉大社駅」下車、徒歩3分/阪堺「住吉鳥居前駅」下車。

京都近郊で行われる【御田植祭】