お田植え祭((大石神社)

6月中旬の日曜日、大石神社で「お田植え祭」が10:00より行われます。(兵庫県赤穂市市:6月の歳時記)
御田植神事は、秋の実り・五穀豊穣、豊作の予祝を願って行われるものです。
赤穂の大石神社と言えば、赤穂浪士、47士が有名な所です。


神社から神田がある場所まで、お囃子を先頭に列を組み9:30頃に出発します。


神田は関西電力赤穂発電所東にあります。


神田で祭事が。修祓・降神の儀・祝詞・玉串など。


続いて神田での祭事です。早苗や鍬を田長さん耕作長さんに渡します。


神田を清祓。耕作の儀、所作を。


お田植の儀では、早乙女さんらが実際に早苗を植えます。太鼓とお囃子のリズムに合わせて。
途中、一般参加で田植経験も出来ます。JA兵庫西さんはポーズを。


お田植の儀は儀式的なもので少しの間だけです。
水口に斎串を立て、昇神の儀で一同が礼をして終了です。宮司さんの挨拶が。神田には早苗が。


祭事の最後に、わらで作った鶴亀の縁起物が振る舞われます。
宮司さんから早乙女さんに渡され、見学者さんに。JA兵庫西さんからも記念品が。


〜大石神社の行き方〜
JR「赤穂駅」下車、徒歩15分。※神田は、更に15分。

京都近郊で行われる【御田植祭】