お田植え祭り(気比神宮)

6月15日に気比神宮で、お田植え祭りが14:00より行われます。(福井県敦賀市:6月の歳時記)
御田祭は五穀豊穣、秋の実りを感謝して祈願します。
気比神宮の御田祭は所作形式です。無形民俗文化財に指定されてます。
手水で清めた後、整列して本殿に行きます。本殿内で神事です。


神事が終わると境内の斎場で、お田植え祭りが。
田長と曽於登唐ウんが中央に。苗乙女さんが左右に整列した後に始められます。


左右に分かれた苗乙女さんに苗を渡します。
田長さんが柄振りで砂を三回ならします。田作りの所作です。
そして中央で田長さんと曽於登唐ウん役が御田植歌を唱和。
田長さん、神の御田殖は けふでそふろそおとめ けふでそふろそおとめ
苗乙女さん、袖打がつひで 田殖ふよ苗乙女 田殖ふよそおとめ


続いて苗乙女が植える所作をします。田長が砂をならし、苗乙女さんが苗を。


これを3度繰り返します。御田植歌も2番・3番とあります。


斎場には苗が。


最後は千秋楽の歌です。
田長さんが、千歳千歳千歳也 智登世乃千歳也(せんざいせんざいせんざいや ちとせよのせんざいなり)
2度繰り返し。
苗乙女さんが、萬歳萬歳萬歳也 與呂津世乃萬歳也(ばんざいばんざいばんざいや よろずよのばんざいなり)
2度繰り返し。

〜気比神宮の行き方〜
JR「敦賀駅」下車、徒歩5分。


京都近郊で行われる【御田植祭】