おんだ祭(甲斐神社)

3月第2日曜日に甲斐神社で、おんだ祭が14:00より行われます。(奈良県大和郡山市:3月の歳時記)
御田祭は、一般的に穀物に感謝しつつ五穀豊穣を祈願する祭事です。
最初に本殿で祈年祭の神事が行われます。巫女(小学生)さんと氏子さん達の祓いが行われ祝詞奏上です。
 

続いて境内の斎場で、おんだ祭の神事があります。最初に祓いがありますが、四方祓いが行われます。
そして神職さん、巫女さん、参列者さんと祓われます。
  

祭文が読み上げられた後に、小学生の巫女さん2名が扇の舞と鈴の舞をします。
 

斎場では田植の所作が始められ、農器具などで田作りが。ここは牛面での所作はなく、田作りの後は、大豆まきと籾まきです。
  

最後に巫女さんが松苗を置いていきます。
  

松苗が並び終えると、神事は終了です。すぐさま松苗を回収され参列者さんに配ります。
松苗を神前に飾れば良いとの事です。1年後に持って来て云々と、ご近所の方が言われてました。

〜甲斐神社の行き方〜
近鉄「近鉄郡山駅」下車、徒歩15分。

京都近郊で行われる【御田植祭】