おんだ祭(中山八幡神社)

2月11日に中山八幡神社で、おんだ祭が9:00より行われます。(奈良県奈良市:2月の歳時記)
おんだ祭は、一般的に穀物に感謝しつつ五穀豊穣を祈願する祭事です。
本殿で神事が行われた後に、田植の所作が行われます。田作りから牛など、最後に苗を置き手を合わせて所作が終了します。
  

社務所で直会が行われる前に、各自に配る鏡餅を切り分けます。各、宮座の人に膳を並べ直会が。
 

直会の途中に弓引きがあります。弓引きとは、宮座の長男が座に入る儀式です。この年は2人が参列。
的に矢を射ます。矢は最後に、的に突き刺します。続いて稲藁と松苗が全員に配られ供物が置かれます。
もう一つの紙に米が盛られ、その時に全員で、千石・万石・十万石と全員で言います。
そして謡があり直会、宮座の祭事が終了します。この後は新しく加わった宮座全員で食事を。
  

この祭事中は社務所に女性が入れません。女性は横の炊事場か外からしか見られません。

〜中山八幡神社の行き方〜
近鉄「西大寺駅」下車、奈良交通バス「中山」下車、徒歩3分。

京都近郊で行われる【御田植祭】