御田祭り(村屋神社)

2月11日に村屋神社で御田祭りが16:00より行われます。(奈良県田原本町:2月の歳時記)
御田祭は、一般的に穀物に感謝しつつ五穀豊穣を祈願する祭事です。当日は御田祭りの他に祈年祭も行われています。
拝殿の前には斎場が。関係者さんが座られ祓いが行われると唐櫃を本殿前に持って行かれ祝詞奏上です。
  

最初に水口を作る所作が。そして水口に苗を立たせます。次にクルミが入った皿を置き、直後にクルミを見物人にお裾分け。
  

所作が斎場で行われます。こちらの御田祭りは、本殿に向かって行われるのではなく、鳥居側に向かって行われます。
最初に田作りがあり、牛で鋤やマンガ。籾まきや、実りを祝って神楽舞で豊作を祈願します。
籾を蒔くときには田植歌が唄われます。
「今後、まいた籾殻ね 今年の取れ高どうじゃいな 一石、二の二の、一合一せき、あるといいな」


雨や雪の場合は、斎場で行われません、その場合は拝殿で所作が行われます。その時の様子です。→→→こちら

最後は苗植です。本殿に向かって松苗を植えて行く所作が…一連の所作が終えると、松苗を見物されている方に放り投げます。
 

最後に餅まきがあります。松苗と餅です。
 

〜村屋神社の行き方〜
近鉄「田原本駅」下車、徒歩30分。

京都近郊で行われる【御田植祭】