御田植祭(池坐神社)

2月、22日に近い日曜日に池坐神社で御田植祭が14:00より行われます。(奈良県田原本町:2月の歳時記)
御田祭は、一般的に穀物に感謝しつつ五穀豊穣を祈願する祭事です。
池坐神社の御田植祭の出発地点は社務所です。
ここから行列出て、周囲をまわり神社の鳥居付近で、牛役の方が中に入り参道を連れられて来ます。
本殿横が牛の居場所です。鋤やマンガの所作が始まるまで、ここで待機。
  

最初に神事です。斎場の四隅を祓って、氏子さんが塩と酒で清めます。
  

四隅が清められると、最初に籾を蒔きます。


次は、田作りの工程を2組が一度に左右からされます。
 

田作りが終えれば、牛の出番です。ここで牛が鋤とマンガで斎場を3周づつします。
最後は苗植です。苗を植える所作をされた直後、後ろに苗を投げます。投げた苗植は、まわりの人が拾って持ち帰ります。
  

〜池坐神社の行き方〜
近鉄「田原本駅」下車、徒歩40分。

京都近郊で行われる【御田植祭】