えびすのお渡り(古沢厳島神社)

10月体育の日に古沢厳島神社で「えびすのお渡り」が14:00から行われます。(和歌山県九度山町:10月の歳時記)
えびすのお渡りとは、恵比寿様がお供を引き連れて古沢地域を練り歩き地域の繁栄を願います。


お渡りをされる方々が集会所に集まって来られます。集会所の中で御神酒が。


全員が御神酒を飲み終えると厳島神社までえびす様のお渡りが。神社に入ると後ろを振り返り、お渡りの礼を。


恵比寿様には村の長老が面と白髭・冠を付け、鯛をかついで本殿前に。
供物を持った共と恵比寿様が本殿前の石に供物を置きます。


続いて恵比寿様と共が恵比寿飛びを奉納します。計3回。


恵比寿飛びが終わると祭事は終了です。古沢厳島神社から帰られます。最後は餅まきで終了です。


2016年に行われた「えびすのお渡り」の様子です。

〜古沢厳島神社の行き方〜
南海「上古沢駅」下車、徒歩10分。


きょうの沙都(トップ)