傘鉾(古沢厳島神社)

8月16日に古沢厳島神社で傘鉾が14:00から行われます。(和歌山県九度山町:8月の歳時記)
傘鉾は、五穀豊穣や家内安全を祈願しておこなわれるものです。岡から古沢厳島神社まで行列が進みます。


傘は、3つあり、前・中・後と順番が決められています。
傘とは骨組みが竹で、2メートルほどの布をかぶせたもの。場所によっては、花傘とも呼ばれています。
   

傘が止まると、笛や太鼓、歌い手さんが神歌を合唱します。なんと、全員が素足です。
 

進行手順は、岡〜銀杏まで、一の歌。二の歌。三の歌。
銀杏付近で、一の歌。一の歌。  公園で、二の歌。二の歌。
神社で、三の歌。三の歌。傘が2周する。  神社前で…傘鉾が周囲を2周します。約20分ほどの祭事です。
  


2010年に行われた「傘鉾」の様子です。

〜古沢厳島神社の行き方〜
南海「上古沢駅」下車、徒歩10分。


きょうの沙都(トップ)