姫神祭(八幡神社

7月下旬〜8月上旬の日曜日に八幡神社で、姫神祭が行われます。
(徳島県牟岐町:7-8月の歳時記)
姫神祭のいわれとして…
昔、土佐から頭のイイ青年が都に2年間仕える事になりました。土佐には婚約者の姫様がいました。
2年間たっても都から帰って来ません。連絡も途絶えたままに。そこで姫様は土佐から都に向かいました。
途中、牟岐から船に乗り都へ向かう途中、天候が荒れ牟岐大島に避難しましたが天候が回復せず、
これは、おなごを乗せたからだと姫様を島におろし、船が立ち去りました。
姫様は一人ぼっちになり、悲しみのあまり身を投げました。
すると、身を投げた場所に巨大な男性のシンボルに似た岩が現れ、姫様の霊を慰める島に神社を作りました。

姫神祭では、牟岐大島の奇岩に似た大きな男性のシンボルが練り歩きます。
船に乗せ、実際に牟岐大島まで海上パレードが。牟岐大島では海上の安全や豊作祈願をします。


神事が10:00よりあります。参列者さんは、おそろいのハッピを。男性のシンボルが描かれています。


御神体が置かれてました。


姫神祭のスケジュールです。
10:00神事(八幡神社前)   姫神・子供みこしパレード10:30(八幡神社前)
海上パレード14:00(牟岐川河口八幡神社前)※乗船券発売が13:00より。 およそ2時間ほど。
手作り体験14:30(旧給食センター・旧牟岐小学校   浴衣を着てみよう16:00(西浦会館)
姫神市17:00(西の浜)   西の浜イベント17:15(西の浜)   八幡神社夏祭り18:00(八幡神社)
姫神奉納阿波躍り19:00(八幡神社)   納涼花火21:00(牟岐港周辺)


神事が終われば町中を子供みこしと共に各所をまわります。


牟岐の町はそんなに大きくないので、休憩しながら移動していきます。


2017年は台風の影響で海上パレードは中止になりました。本来なら、沖に出られたんだけど。

※この後の様子は、次回、来たときに載せます。

2017年に行われた「姫神祭」の様子です。

〜八幡神社の行き方〜
JR「牟岐駅」下車、徒歩15分。


きょうの沙都(トップ)