神祭港まつり(六柱神社)

11月第2土曜日、六柱神社で神祭港まつり13:00より行われます。
(三重県南伊勢町:11月の歳時記)
神祭港まつり、正式名称は宿田曽神祭港まつりです。今年で60回らしいです。
神祭港まつりでは、変わった神輿が地域を練ります。
変わった神輿とは、鯛やマグロ・カジキやカツオ神輿などです。その他に船神輿も。
神祭港まつりが行われるのは八柱神社です。地域の安全や大漁など住民の皆様の安全繁栄を祈願します。
神祭港まつりは、宿浦区と田曽浦区で、前日は提灯行列(宿浦18:35/田曽浦18:50)もあります。


祭事の前に記念撮影が。


神社前で祭文や祓い清めが12:40頃に。


当日は保育園神輿が9:00より宿浦消防詰所、10:00から田曽浦漁村センター。なぶら太鼓の奉納も。

祭事が終わると鯛神輿・マグロ・カジキマグロ神輿が出発していきます。カジキマグロは女子神輿です。


そしてカツオ神輿と船神輿です。


練り歩く鯛神輿です。


練り歩くマグロ神輿です。


練り歩くカジキマグロ神輿の前には太鼓隊が加わります。


練り歩くカジキマグロ神輿です。


カツオ神輿を追いかけるように船神輿が。
宿浦消防詰所前ではカツオ神輿と船神輿がパフォーマンスを。


宿浦消防詰所前で祭事が。祭文や神楽など。
婦人会が中心になって、ふるさと音頭と宿浦音頭が。よさこいで南中ソーランを


次は田曽浦区です。宿浦と同様に練り歩きます。
練り歩くカツオ神輿と船神輿です。


田曽浦漁村センター前で鯛やマグロ、カジキマグロが。


カツオ、船神輿も。


祭事と神楽が。こちらでも婦人会による踊り、よさこいを披露。


休憩後、八柱神社に神輿が戻って行きます。


2016年に行われた「神祭港まつり」の様子です。

〜六柱神社の行き方〜
近鉄「鵜方駅」下車、三重交通バス「宿浦桟橋」下車、徒歩2分。


きょうの沙都(トップ)