春の例大祭・獅子神楽(宇流冨志禰神社)

4月第3日曜日に宇流冨志禰神社で春の例大祭が10:00より行われます。
(三重県名張市:4月の歳時記)
春の例大祭は、五穀豊穣・地域の安全を願って行われます。獅子神楽が午前と午後の2回、奉納されます。
子どもの餅つきや遊び場も設置、春の例大祭では若干ですが市が。境内では呈茶もや婦人会によるぜんざい・うどんが。。


祓いながら境内に入り、本殿で祝詞・献茶の奉納があり、子供による浦安の舞。


神事が終われば、鹿高神社獅子神楽保存会さんによる獅子神楽です。
行う演目は特に決まっておらず、一応、言われるのだが…
たぶん、鈴や扇の舞から始まり四方や刀など一般的なものから始まります。


花あらしです。


演目の合間に、頭をかぶりに獅子が。獅子に頭を噛まれると厄除けに…


獅子神楽の最後は鼻高です。ここは鼻高を子供が演じます。


最後には境内で餅まきが行われます。

2015年に行われた「宇流冨志禰神社春の例大祭」の様子です。

〜宇流冨志禰神社の行き方〜
近鉄「名張駅」下車、徒歩5分。


きょうの沙都(トップ)