八日戎・七福神踊り(蛭子神社)

2月7日(七福神踊り)・8日に蛭子神社で八日戎が行われます。
(三重県名張市:2月の歳時記)
蛭子神社の八日戎は、別名「はまぐり祭」とも言われています。
名張は山間部にあるため山の幸と海の幸との物々交換で、はまぐりが交換されていたなごりです。
2月7日、八日戎では宵宮に七福神踊りがあり、町を練り歩きます。名張に春を呼ぶ風物詩です。


神社の周辺には、はまぐりの露店が。蛭子神社にお参りされる方が次々と。
13:00より千人鍋が無料接待されています。千人鍋とは、はまぐり入り粕汁です。


昨年の吉兆飾りを神社に納めて、今年の吉兆飾りを購入されます。福娘さんが授与されます。


本殿で神事が行われ、お子さんによる神楽が。時間前にはポーズも。


続いて七福神踊りです。七福神が揃って踊りを。


踊りが終わると町を七福神が練り歩きます。祝儀をいただいた家々に入り福を授けます。




2015年に行われた「八日戎・七福神踊り」の様子です。

〜蛭子神社の行き方〜
近鉄「名張駅」下車、徒歩10分。


きょうの沙都(トップ)