狐の嫁入り道中(海山道開運稲荷神社)

2月3日、海山道開運稲荷神社で「狐の嫁入り道中」が14:00に行われます。
(三重県四日市市:2月の歳時記)
狐の嫁入り道中って言われていますが追儺の鬼はらい、厄祓い行事です。節分祭として行われています。
江戸時代に行われていたそうで戦後復活した行事です。
年男と年女が神の使いの狐の新郎と新婦になり狐の嫁入り道中を再現します。
詳しくは、福徳家の娘狐「福子」と助四郎家の小狐「助太郎」です。


狐の嫁入り道中は神社の周囲をまわり神社に。行列は、赤鬼と青鬼が先導で楽人さんや嫁入り道具行列が。


狐の新郎新婦です。氏子さんから厄男・厄女さんの中から決められます。境内は人でいっぱい。


新郎新婦は舞台に上がり、ここで挙式が。最初に神職さんの祓い、祭壇・新郎・新婦・全員です。
挙式の前に狐がコ〜ンコ〜ンと鳴きます。巫女さんに盃に御神酒を。三三九度の盃です。


狐の新郎と新婦が揃い祝儀袋に入った福餅や福豆をまきます。
この後、全員で福豆まき(福引券入)が。豆まきは7回あります。


2016年に行われた「狐の嫁入り道中」の様子です。

〜海山道開運稲荷神社の行き方〜
近鉄「海山道駅」下車。


きょうの沙都(トップ)