岐阜航空祭(岐阜航空基地)

2009年10月12日に岐阜航空祭に行きました。※日付は定まっていません。(岐阜県各務原市)
目的は飛行ショー。ここでは、飛行展示と呼んでいる。一度は見たかった、ブルーインパルス(T-4)。
京都を始発で出ても、向こうに着くのは始まって30分後、どうしても、エプロンの最前列にはいけず…
ブルーインパルスだけ見るのであれば遅くに行けるんですが…どうせ行くのだったら、オープニングフライトから見たいので。

JR蘇原駅に電車が到着。電車に乗ってた人、7割は降りたかなと思います。
人の流れに沿っていくと新北門に到着。この時間から人がいっぱい。エプロンに行くと、すでに始まっていた。
F-15・F-4・F-2・T-4・T-7
  

航空祭では、飛行するのだけでなく、展示されているのも多く…格納庫に、飛行機が…
エプロンの前には、ブールーインパルスの機体が止められています。航空機やヘリコプターなど、一部をお見せします。

2回目の、飛行展示が始まりました。次は、C-130Hです。大型機です。さすがに着陸すると、大きいです。
  

車両展示(ペトリオット)もあります。展示されている航空機に搭乗して記念撮影が出来る所は、長蛇の列が出来ています。
  

3回目の飛行展示が…低空飛行からタッチアンドゴーや異機種大編隊です。F-15・F-4・F-2・T-4・C-1
  

エプロンは広く太陽をさえぎる建物もなく、直射日光がきついです。この頃は、バテバテ。
4回目の飛行展示が…UH-60Jで救助訓練の様子を。管制塔から説明があります。
  

エプロンの最前列前には、ブルーインパルス(T−4)の編隊があります。いよいよこれから飛行展示が行われます。
この頃になると人がいっぱい。飛行ショーの目玉です。これを見に多くの方が…


飛行展示の飛行機は時速が700〜800で飛ぶ為、アップで撮るのは非常に難しく、撮り慣れていないと大変です。
そして轟音もすごい。飛行機を見つけるのも大変。
一応、管制塔から、次は何をするかの説明があり、4方向の、どこから飛んでくるかを説明してくれるので楽ですが〜

ブルーインパルスの飛行機が登場しました。
管制塔から、いろいろな説明があり、飛行ショーがとぎれなく行われています。編隊や単独など背面飛行も…
飛行機が、青空のキャンパスに絵文字を描いたり。編隊が上空高く急上昇していきます。一部だけお見せします。

2009年に行われた「岐阜航空祭」の様子です。

〜岐阜航空基地の行き方〜
JR「蘇原駅」下車、徒歩15分。


きょうの沙都(トップ)