小黒飯の精霊船(小黒飯)

8月15日、小黒飯で小黒飯の精霊船送りが17:00頃に行われます。
(福井県高浜町:8月の歳時記)
精霊船送りとは、お盆にお供えをした供物を精霊船に乗せ、海に流すというものです。
この盆行事は全国各地で行われており、特に浜辺や漁村など離島などに多いようです。
若狭地方には菅浜や甲ヶ崎、和田以外に小黒飯を始め西小川・阿納・犬熊・田烏・神子でも行われています。
この行事、地域の人の増減によりだんだん簡略化されています。


小黒飯(おぐるい)の精霊船は個々の家の方が作られ家の軒先や棚に吊されます。
長さは70センチほど。材質は麦わらで、帆や舵も取り付けます。中に、お供え物を入れます。
最近は麦わら以外で作られるのもあるそうです。船の面影を残すため舵は取り付けます。


浜辺から船を沖に流されていたのですが、今は漁船で沖に出てから…小黒飯の前の海です。


祭事そのものは撮っていませんが、せっかく小黒飯の精霊船を撮ったので載せる事にしました。

「小黒飯の精霊船」の様子です。

〜小黒飯の海岸の行き方〜
JR「三松駅」下車、徒歩70分。


きょうの沙都(トップ)