片山八幡神社例大祭(片山八幡神社)

10月第4日曜日に片山八幡神社の神輿渡御神事が行われます。正式名は例大祭です。
(愛知県名古屋市:10月の歳時記)
片山八幡神社の氏子地域を瑞龍みこしが片山八幡神社→徳川美術館→大曽根周辺→片山八幡神社をまわります。
神幸祭は、一般的に神輿に御霊を乗せ、地域の安全と繁栄を願う祭事です。


最初に、担ぎ手さんや関係者さんが整列後、神事が境内で12:30より行われました。
  

酒樽を割り、各自、御神酒を。※未成年はお茶。これからの神輿渡御の安全を願い…
 

神輿渡御の前に本殿前で全員の記念撮影があります。


準備が整うと、神輿と女神輿が神社から13:00頃に出て行きます。この後に子ども神輿も出て行きます。
  

神輿は、この後、徳川美術館の敷地に入っていきます。
 

徳川美術館は、徳川家康の遺品が収められている美術館で日本庭園もあり、風景的には申し分ない箇所です。
徳川美術館の敷地で威勢のいいところを。こちらの神輿は、4つの担ぎ棒です。
 

徳川美術館の敷地内で休憩後、出て行きます。
神輿は、休憩を繰り返しながら大曽根周辺を練り歩いて行きます。
  

女神輿は、休憩を繰り返しながら大曽根周辺を練り歩いて行きます。
  

2011年に行われた「片山八幡神社例大祭」の様子です。

〜片山八幡神社の行き方〜
名鉄「森下駅」下車、徒歩3分。/JR「大曽根駅」下車、徒歩15分。


きょうの沙都(トップ)