姫の宮豊年祭(大懸神社)

3月15日か以前の日曜日に大懸神社で、宮の姫豊年祭が行われます。
(愛知県犬山市:3月の行事)
豊年祭は、一般的に五穀豊穣が主ですが、姫の宮豊年祭は、子宝・子孫繁栄が主です。


=スケジュールです=
10:00 子供神輿(駐車場〜大懸神社)
11:00 稚児行列(駐車場〜大懸神社)
11:30 稚児祈願祭(大懸神社本殿)
12:15 献餅車・飾り車・姫宮福娘パレード(今仙電機〜大懸神社)
13:00 神幸行列(諸钁神社〜大懸神社)
13:30 尾張太鼓(大懸神社神楽殿)
15:15 歌謡ショー(大懸神社神楽殿
16:00 奉餅まき(大懸神社)

宮の姫豊年祭の祭事が9:00より行われます。境内には姫石があり、梅園もあります。


祭事が終わると、駐車場10:00〜大懸神社まで子供神輿が練ります。
続いて稚児行列です。駐車場11:00〜大懸神社まで歩きます。


大懸神社本殿で稚児祈願祭が。本殿に祈願して出口で巫女さんに鈴で清めてもらいます。


12:15より、今仙電機〜大懸神社まで献餅車・飾り車のパレードがあるのですが、
その前に、諸钁神社で神幸行列の祭事が12:00よりあります。
白いガーゼのようなものを被られている方達が、女性の性器に見立てた格好です。


祭事が終わる頃には、花火が打ち上げられパレードが出発します。
パレードには尾張太鼓や献餅車・飾り車、神官が乗る馬も。


神職さんや巫女さんもオープンカーで。


そして飾り車。先頭の飾り車。口が…ヘンなんです。


神幸行列が諸钁神社から出発します。
猿田彦や御弊、雅楽に性器、神輿など。花もあります。


行列は大懸神社に行きます。


行列が神社に到着すると、行事的には神楽殿で、尾張太鼓や歌謡ショーがあります。
この後、特設会場で餅まきがありますが混み合う前に帰りました。
餅投げには断り書きが、危険を伴うため、おとしより・お子さんはご遠慮くださいと。

3月15日が日曜日の場合、姫の宮豊年祭の他、田懸神社でも豊年祭が行われています。
こちらは世界的に有名な奇祭です。外国人さんが多いです。神社には○○な御神体も。


2015年に行われた「姫の宮豊年祭」の様子です。

〜大懸神社の行き方〜
名鉄「楽田駅」下車、徒歩20分。


きょうの沙都(トップ)