針供養祭(若宮八幡宮)

2月8日に若宮八幡宮で針供養祭が11:00に行われます。
(愛知県名古屋市:2月の歳時記)
若宮八幡社の境内にある神御衣(みころも)神社です。
縫い物が上手になりますようにと祈りながら折れた針を供養する日が、十二月八日の針供養。
古い針は、いつも固いものを刺しているから、今日だけはやわらかいものを、
こんにゃくや豆腐に刺して近くの神社に納めます。
当社のように、地方によっては二月八日にするところも。
日本人のやさしさと心があふれる、おくゆかしい年中行事の一つです。


神事は神御衣神社の前で行われるのですが、雨のため屋根付きの場所で神事が。
神事は一般的に祓いや祝詞、玉串です。主催は、日本和裁士会愛知県支部さんです。
神御衣神社前には豆腐とコンニャクの両方が置かれています。


神事が終わると神御衣神社の前に置かれている豆腐とこんにゃくに針を刺します。
コンニャクや豆腐に針を刺して、針への感謝や裁縫の上達、女性の幸せを願います。
祓いの後に、神職さんが刺されていきます。


この後、参列されている方が順々に刺されていきます。


豆腐とコンニャクです。針は後日、針塚に納められます。


2015年に行われた「針供養祭」の様子です。

〜若宮八幡宮の行き方〜
地下鉄「大須観音駅」下車、徒歩5分。


きょうの沙都(トップ)