うそ替え神事(山田天満宮)

1月25日、山田天満宮で「うそ替え神事」が11:00と15:00に行われます。
(愛知県名古屋市:1月の歳時記)
うそ替え神事とは、菅原道真公が太宰府に行った翌年に悪魔払いの祈祷をされた時、
寒中にもかかわらず多くの蜂が参拝していた人達を襲いました。
その時に鷽(うそ)鳥の群れが蜂を食べつくし災厄から救われたと…


昨年の「うそ鳥」を返して厄を祓うのだとか…持参されている方も。
時間前になると本殿前には人の列が。祭事、神事が始まりアナンスで流れるまま礼をしたり…
神事が終わると「うそ替え神事」です。うそ鳥が入った袋を手に入れます。


左右に分かれ境内中に大きな円を作ります。


山田天満宮の、交換の仕方がちょっと変わっていて交換が出来るのが隣だけ。
右手に持ち、太鼓の合図で左手に持ち替え、太鼓の合図で左隣の人に渡します。
これをテンポよく回していきます。最後の太鼓の合図で終了。その場で開封。
福と書かれた木彫りが入っていると巨大なうそ鳥に交換。
境内では当宮の梅の実で造られた御神梅酒が無料接待されています。
1年間、災いもなくすごせるらしい。


2017年に行われた「うそ替え神事」の様子です。

〜山田天満宮の行き方〜
名鉄・JR・地下鉄「大曽根駅」下車、徒歩4分。


きょうの沙都(トップ)