うそ替え神事(櫻天神)

1月25日、櫻天神で「うさお替え神事」が11:00より行われます。
(愛知県名古屋市:1月の歳時記)
うそ(鷽)替えの行事は昔、筑紫の太宰府に始り、後、亀井戸の天満宮にても行われた神事で、
当櫻天神社もこれにならい古くから執行されて来ました。
一年嘘を神前で誠に取り替えるものであり罪を滅する為であると伝えられており、
併せて開運出世を授かると信ぜられ、求めて帰った。
鷽に除災招福と家運繁盛を祈願したもので、特に金・銀・銅の鷽を受けた人は吉兆を掴むと言われております。
鷽は雀科の小鳥で、美しい紅色の頬、ねずみ色の胴体、頭と尾が黒く、声は琴の音色によく似ていると言われています。


桜天神「うそ替え神事」に参加するには社務所にて受付を済ませます。


最初に神事が本殿でありますが、これに参加できるのが先着20名だけです。
神事が終われば桜天神の社務所側の3階で「うそ替え神事」があります。祓いや御神酒、挨拶など。
挨拶が終わると「うそ替え」です。かえましょ、かえましょ、うそを誠にかえましょ♪と言って袋を替えていきます。


金・銀・銅の鷽を持っている人は交換します。金の鷽の人は純金の鷽と交換します。
帰るときは櫻天神の御供養がいただけます。桜天神のウソは陶器で出来ていて他とはちょっと違います。


2017年に行われた「うそ替え神事」の様子です。

〜櫻天神の行き方〜
地下鉄「丸の内駅」下車、徒歩2分。


きょうの沙都(トップ)