ちょっとした新選組の知識

しんせんぐみの書き方ですが、漢字変換すると新撰組って変換されます。でも実際は、新選組だと思います。
まだ、新選組が一般的に知られていない時から、新選組だったのですが、いつから新撰組が使われるようになったのか・・・

新選組は、文久三年(1863年春)に徳川幕府の支援を受けた清河八郎が、将軍家茂上洛警護のためと称し、
腕に覚えのある侍を江戸で集めて、京都の壬生・新徳寺に構えた「浪士隊」が新選組の始まりになっている。
清河八郎が浪士隊を朝廷の警護番となることを表明するが、賛同できなかった近藤勇、芹沢鴨をはじめとする一派が離脱。

京都守護職松平容保公預かりの元、文久三年(1863年春)に「新選組」が誕生。
壬生の八木邸を屯所として、京の町の治安維持に当たることになったのである。

後に、局中法度の元に組織を拡大していった新選組は、
文久四年(1864年)池田屋事件、慶応元年(1865年春)に西本願寺へ屯所を移転する。
衰退の方向へと向かっていく徳川幕府の中で、最後まで「男気」を貫き通した新選組も、次第に分裂。
慶応三年(1867年)の大政奉還から鳥羽・伏見の戦いを契機に否応なしに歴史の流れに巻き込まれ、
慶応四年(1868年春)局長の近藤勇は薩長軍に捕らえられ死す。同年夏には沖田総司病死。
明治二年(1869年)に函館・五稜郭の戦いで副長の土方歳三戦死。

生き残った隊士も、新しい時代において次々と亡くなっていく。
局中法度書
菊のかおりに 葵が枯れる
枯れて散る散る 風の中
変わる時勢に 背中を向けて
新選組よ 何処へ
行く 恋も情けも 矢弾に捨てて
軍かさねる 鳥羽伏見
ともに白刃を 淋しくかざし
新選組は 月に泣く
加茂の河原に 千鳥が騒ぐ
またも血の雨 涙雨
武士という名に 生命をかけて
新選組は 今日も行く














一、







一、








一、










一、











一、









新選組:第一次編成(元治元年)

局長:近藤 勇
副長:土方 歳三

小荷駄方
八番隊
七番隊
六番隊
五番隊
四番隊
三番隊
二番隊
一番隊
原田 左之助 松原 忠司 谷 三十郎 武田 観柳斎 尾形 俊太郎 斎藤 一 井上 源三郎 伊東 甲子太郎 沖田 総司
※それぞれに5名ほどの隊士がついていました



新選組:第二次編成(慶応元年)
局長:近藤 勇 副長:土方 歳三 参謀:伊東 甲子太郎

副  長  助  勤
十番隊
九番隊
八番隊
七番隊
六番隊
五番隊
四番隊
三番隊
二番隊
一番隊
原田 左之助 三木 三郎 藤堂 平助 谷 三十郎 井上 源三郎 武田 観柳斎 松原 忠司 斎藤 一 永倉 新八 沖田 総司
※一番隊〜十番隊までそれぞれが伍長2名と平隊士が数名から数十人います
京から離れている場合や、怪我や病気などの時は、変わりの者が組長に就きます。

勘 定 方
諸士調役兼監察
河合 耆三郎 山崎  烝
酒井 兵庫 吉村  貫一郎
尾関 弥四郎 尾形  俊太郎
岸島 芳太郎 篠原  泰之進
服部  武雄
新井  忠雄
芦屋  昇
その他に書記や小荷駄方などあります



・・・・・クリックしてね・・・・・
池田屋事変パレード
新選組パレード
新選組ゆかりの地 新選組隊士一覧 京都にある新選組の墓

きょうの沙都(トップ)