小野妹子まつり(小野道風神社)

11月3日(文化の日)に小野妹子まつり/歴史衣装行列が13:30に行われます。(滋賀県大津市:11月の歳時記)
607年に聖徳太子の命により小野妹子が遣唐使として、国書を持ち唐国に渡りました。
この功績を讃え、1400年の記念事業として、2007年から歴史衣装行列が始められました。
小野妹子まつりは、地域の活性化と歴史文化の推進の為に行われています。


和邇商店街には、出店が出ていたり、ゆるキャラも。道には餅神輿も置かれています。花フェスタには、ふわふわバルーンも。
   

にぎわい広場では、郷土料理の「妹子汁・あめの魚めし」が12:30より先着300名さんが無料で振舞われました。長蛇の列が…
 

小野妹子まつりでは、歴史衣装行列が行われます。小野道風神社前で行列に参加する人達の記念撮影が行われました。
続いて、出発式が行われ、よかろう太鼓が叩かれます。そして、国書を託す儀式が行われます。
  

行列が13:30に出発。小野道風神社〜和邇文化センターまで向かいます。
遣隋船は、小野道風神社の下から出発。遣隋船に乗船する前には紹介があります。乗船後、しばらく記念撮影。


遣隋船に乗船すると、行列がスタートします。遣隋使行列では、遣隋船に乗って移動します。
 

途中、小野神社から、お稚児さんや餅神輿が行列に加わります。
 

行列は、この他に神輿(南比良・春日)が2基あります。
 

和邇公民館前では、記念撮影と国書披露もあります。式典が終わると行列は、和邇文化センターに向かいます。
和邇文化センターでは、到着後、餅まきがあります。
  

2010年に行われた「小野妹子まつり」の様子です。

〜小野道風神社の行き方〜
JR「和邇駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)