ロウキリ神事(阿志都彌神社)

9月、秋分の日に阿志都彌神社でロウキリ神事が10:00より行われます。(滋賀県高島市:9月の歳時記)
ロウキリ神事は、安産祈願を願って行われているようです。竹の牢が母胎で牢の中が胞衣と考えられているようです。


ロウキリとは、拝殿に置かれた青竹で囲まれた牢みたいなもの。


氏子さんらが出席して神事が行われます。神事は祓い・祝詞・玉串です。


続いて巫女さんが竹の牢に入られ、再び閉めます。


締め終わると竹の牢の中で神楽を舞います。
再び開かれ巫女さんは出られます。竹の牢に入られていた時間は5分程度です。
最後に左右の社にお参りします。


牢の中には神様に供える御神酒と短刀と石が置かれています。牢の上は…


巫女さんは2015年から若い巫女さんに変わられたようです。
以前は80代の方が務められていたそうです。現在は60代、あと20年は続くでしょう。

2015年に行われた「ロウキリ神事」の様子です。

〜阿志都彌神社の行き方〜
JR「安曇川駅」下車、バス「川島」下車、徒歩3分。


きょうの沙都(トップ)