木津の山の神(建速神社)

9月23日に建速神社で木津の山の神が13:00より行われます。(滋賀県高島市:9月の歳時記)
山の神の行事は作物など山の恵みに感謝をする一方で、山そのもの、自然や木々などに感謝する2種類あります。
木津の山の神は山の恵みに感謝する意味合いのものでしょう。


建速神社から神饌が入った駕籠を担いで波爾布神社に向かいます。途中、山の神にお参りします。


山の神は2箇所存在します。2箇所の山の斜面に参ったあと波爾布神社に向かいます。


波爾布神社で神事が行われます。神饌は一時、保管所に置かれます。


神饌を本殿に移動させた後、祝詞など…この神社では刀改めと相撲があります。
刀改めでは、サヤから短刀をだし改めます。これから相撲を取る2人がおこないます。


続いて、行司が呼び出します。力士名は即興で作られます。西、かわばた山。東、ますだ海。
取り組みは1勝1敗で終わるように定まっています。
力士名に山と海を必ず付ける決まりがあるので、山の幸・海の幸の意味合いかと。
どちらかが豊作・豊漁にならないようにでしょう。神社から見て西が山で、東が琵琶湖です。


2015年に行われた「木津の山の神」の様子です。

〜建速神社の行き方〜
JR「近江今津駅」下車、バス「木津」下車、徒歩3分。


きょうの沙都(トップ)