みたらし祭(唐崎神社)

7月28・29日に唐崎神社で、みたらし祭が連日にわたって行われます。(滋賀県大津市:7月の歳時記)
みたらし祭は、地域の人の健康や厄を祓い祈願する祭事で、茅の輪くぐり、湯立神楽、炊き上げ、奉納行事などが行われます。
唐崎神社の境内には出店が立ち並び、みたらし団子に長蛇の列が出来ていました。唐崎神社は、下の病・平癒祈祷で有名です。


祭事が始まる前に、唐崎中学さんのブラスバンド部の演奏がありました。同じ、学校の生徒さんだろうか…見守っています。
  

本来は、みたらし祭の神事(18:00)だけですが、唐崎神社の鳥居が昨年の台風に傾いた為に、復興祭も兼ねて行われました。
その為、神事が1時間ほどありました。神事が終了すると、茅の輪くぐりが19:00頃に行われます。
唐崎神社は平安時代、朝廷をお守りする七瀬之祓の1箇所でもありました。
茅の輪くぐりをする時に人形と葦を持ち、なごしの祓いする人は…と言いながら3度、茅の輪をくぐります。
神職さんの後に、一般の方も葦を持ち続かれます。葦(よし)は、「悪し」から「良し」に変えるために持つそうです。
  

その後、湯立神楽が行われます。湯立神楽では笹の葉で湯を振散らし無病息災を祈ります。
湯立神楽が終わると神水をいただきます。湯立神楽は11:00にもあります。
  

この後、山伏さんが法螺貝を鳴らしながら松の木のある結界場所に移動されます。


湖上炊き上げが19:20頃(※本来は19:00頃)あり、願串や古神札を湖上で炊き上げます。
湖上の炊き上げ場所に船で近づき、松明から火をつけます。
結界場所におられる山伏さん達は、湖上に向き法螺貝を鳴らしたり祈祷をします。
 

続いて、日吉太鼓の奉納です。
しかし、この後の手筒花火の奉納を撮るため、場所を確保しなきゃならないのでパスしました。

20:00頃に手筒花火の奉納が湖上で行われます。
みたらし祭は、28日と29日の両日に行われますが、手筒花火の奉納は28日だけです。
大・中・小の手筒花火を100本ほど打ち上げます。手筒花火は、静岡の富幕開進社さんによるご奉仕らしいです。
  

手筒花火の終盤は大筒です。大筒は、飛び出す火がなくなると最後に爆発します。
結構、ド〜ンと大きな音でビクっと体が反応するぐらいに。
 


2010年に行われた「みたらし祭」の様子です。

〜唐崎神社の行き方〜
JR「唐崎駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)