ヨシたいまつ(琵琶湖岸・晴嵐)

3月第2土曜日に琵琶湖の岸で、ヨシたいまつが19:00に行われます。(滋賀県大津市:3月の歳時記)
びわ湖開きやヨシたいまつは春を呼ぶ行事として知られています。
ヨシたいまつは、琵琶湖の恵みに感謝をする為におこなわれています。ヨシを燃やすことで琵琶湖の水質浄化を願います。
大津市内の琵琶湖、7箇所ほどで、4Mほどの松明、500本に一斉に点火されます。
7箇所とは、真野・堅田・雄琴・下阪本・膳所・晴嵐・瀬田南。それぞれの場所で、さまざまな催しや無料接待もあります。


真野 和太鼓 ぜんざいの接待
堅田 魚放流・和太鼓 湖族汁の接待
雄琴 −−− 甘酒の接待
下阪本 −−− −−−
膳所 石鹿太鼓 おものなべ・甘酒の接待
晴嵐 よさこい踊り うどん・ぜんざい・きなこもちの接待
瀬田南 −−− 甘酒の接待
※催しや接待の内容は年度より変わります。

晴嵐の松明は50本。瀬田川の岸に整然と立てられています。
松明の前には紙が貼られていて、それぞれに作られた地区や団体名が。
 

18:00より開会・セレモニーが行われ、18:10より、うどん・ぜんざい・きなこもちが無料接待されます。
晴嵐では、松明の点火前に、18:30より「よさこい踊り」がありました。華舞龍(龍谷大)咲産華(京産大)華舞龍(龍谷大)
  

19:00前になると松明の前に各自がスタンバイ。花火の合図で、たいまつに一斉点火します。
各自が前に立ち、それぞれの松明に小さな松明で点火をします。松明は、すぐに燃えるものから途中で倒れるものまで。
  

対岸には、瀬田南の松明も見えています…


7カ所のヨシたいまつを撮るには1度では撮れません。何年もかけなくては無理です。
それは松明が15分で燃え尽きるからです。他へ移動も出来ないのです。


2012年に行われた「ヨシたいまつ」の様子です。

〜晴嵐の行き方〜
京阪・JR「石山駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)