漁火まつり(琵琶湖岸・堅田)

3月第2土曜日に琵琶湖の岸で、漁火まつりが19:00に行われます。(滋賀県大津市:3月の歳時記)
びわ湖開きやヨシたいまつは春を呼ぶ行事として知られています。
漁火まつり(ヨシたいまつ)は、琵琶湖の恵みに感謝をする為におこなわれています。
ヨシを燃やすことで琵琶湖の水質浄化を願います。
大津市内の琵琶湖、7箇所ほどで、4Mほどの松明に一斉に点火されます。
7箇所とは、真野・堅田・雄琴・下阪本・膳所・晴嵐・瀬田南。それぞれの場所で、さまざまな催しや無料接待もあります。
堅田地域では、ヨシたいまつと言う名前ではなく漁火まつりと呼ばれています。湖上から遊覧船で見るツアーもあるようです。


真野 和太鼓 ぜんざいの接待
堅田 魚放流・和太鼓 豚汁の接待
雄琴 −−− 甘酒の接待
下阪本 −−− −−−
膳所 石鹿太鼓 おものなべ・甘酒の接待
晴嵐 よさこい踊り うどん・ぜんざい・きなこもちの接待
瀬田南 −−− 甘酒の接待
※催しや接待の内容は年度より変わります。

琵琶湖大橋米プラザの裏にはたいまつが100本ほど。たいまつにはそれぞれ番号が書いてあります。


ステージでは、よし笛演奏や湖族太鼓が。


たいまつが燃えるように石油をかけています。


たいまつの点火前に全員が集合。各自が役割分担を。元火になる小松明を代表者さんが。
点火者は堅田中学の生徒さん達3名で1グループになります。


点火する時間が決められているので、それまで待機。
照明が消され真っ黒に。10・9・8・7…とカウントダウン。ゼロになると花火が…
それと共にたいまつに点火していきます。


たいまつは燃えていきます…10分程度で松明が消えていきます…後ろには琵琶湖大橋です。


松明に点火する合図として花火が用いられます。その後も花火が打ち上げられます。
当日は豚汁の無料接待が。2杯いただきました。


7カ所のヨシたいまつを撮るには1度では撮れません。何年もかけなくては無理です。
それは松明が10〜15分で燃え尽きるからです。他へ移動も出来ないのです。


2014年に行われた「漁火まつり」の様子です。

〜琵琶湖大橋米プラザの行き方〜
JR「堅田駅」下車、徒歩20分。

きょうの沙都(トップ)