弓の神事(建部大社)

2月4日に建部大社で弓の神事が11:00に行われます。(滋賀県大津市:2月の歳時記)
弓の神事は、矢を放つ事で厄を祓い無病息災や五穀豊穣、氏子さんの安全など…諸々の願いを祈願します。


斎場は、弓取・箭取両杜の前に忌竹を立て的が置かれ的の裏には鬼と書かれた紙が貼られています。
 

神事は本殿で行われます。この神事の正式名称は護国祭です。途中で、神職さんや弓座の人達、斎場を祓います。
  

本殿での神事、祝詞や玉串が終わると斎場に弓矢を持ち移動。
弓取・箭取両杜の御扉を開け、斎場にて弓の神事が執りおこなわれます。
  

斎場での神事が終えると、弓座の人達によって的に矢を放ちます。
弓座の人は2人です。それぞれ2本の矢を。計4本です。的には矢が2本ささっています。
  

2012年に行われた「弓の神事」の様子です。

〜建部大社の行き方〜
京阪「唐橋前駅」下車、徒歩7分/JR「石山駅」下車、徒歩20分。


きょうの沙都(トップ)