須賀神社(節分祭)

2月2・3日の両日に須賀神社で節分祭が行われます。(京都市:2月の歳時記)
2-3日の両日に懸想文売り・縁結びのお守り(1000円)が9:00〜20:00まで売られています。
須賀神社では、烏帽子に水干姿の懸想文(けそうぶみ)売りが2・3日に現れます。
白い覆面をして、梅の木の枝に、文をつけて境内を歩いて売ります。
懸想文売りの風習は、明治以降はなくなり、須賀神社が節分の日だけに行っています。
境内は、懸想文を買おうとする女子がいっぱい。中には男子も買っています。



2日の15:00からは神事が行われ、続いて武道が4つほど演舞(画像は吹き矢)をします。最後に豆まきが行われます。
  

この懸想文を、人に知られず箪笥や鏡台の引き出しに入れておくと、顔やスタイルが良くなると言われています。
また、着物が増えて良縁になるとも言われています。
  

懸想文売りはいつでも撮れますが、曜日にもよりますが、3日の方が女子が多いです。
懸想文の中の文章は、年々変わります。


〜須賀神社の行き方〜
市バス「熊野神社前」下車、徒歩5分。

京都で行われる【節分祭】