廬山寺(節分祭)

2月3日に廬山寺で節分祭が行われます。(京都市:2月の歳時記)
赤鬼が松明と宝剣・青鬼がオノ・黒鬼が木槌を振りながら法螺貝の音と共に踊ります。
特設舞台を一歩一歩と進み、本堂でも一回りして中に入りますが追い払われて、鬼はクルクル回りながら退散していきます。
追儺式鬼法楽15:00〜/豆まき16:00〜/鬼の加持16:00すぎ/古札焼き式17:00〜


参列者さんが本堂に入られます。雅楽を先頭に、弓・年女・年男・僧呂さん…
 

本堂内で法要が20分程度、行われた後、本堂内から松明を持って出られます。
この松明が赤鬼が持つ松明です。
続いて特設舞台に3つの鬼(赤・青・黒)の登場します。
   

特設舞台を、鬼が一歩づつ法螺貝の音に合わせ踊ります。鬼は、踊るようにして本堂に向かいます。
 

続いて追儺師が状文を読み上げます。


追儺師が邪気払いの弓を、東・南・西・北・中に矢を放ちます。
    

鬼は苦しみ、もがきながら本堂から退散していきます。
  

年女・年男・僧呂さんなどが特設舞台や本堂から、豆まきや餅まきを行います。餅まきの餅に、当たりつきがあり、当たると破魔矢を授かります。
本堂の角で「鬼の御加持」が行われています。
体の悪いところを鬼に伝えると、松明や剣を頭の上に振りかざしてお祓いをしてくれます。たくさんの人が行列を作っています。
 

廬山寺の鬼法楽を近くで見るには、2時間以上前に行かれるのが良いと思います。
追儺式鬼法楽が始まる頃には、違うところの節分祭が終わって駆けつけて来る人で混雑します。入場制限も行われる場合があります。


豆まきや餅まきの時は、帽子などを被られた方が安全です。ここの餅は固いです。
何処の節分祭でもそうですが袋を持参された方が宜しいです。手で取るよりも確実です。


〜廬山寺の行き方〜
市バス「府立医大病院前」下車、徒歩3分。

京都で行われる【節分祭】