壬生寺(節分祭)

2月2〜4日に壬生寺で節分祭が行われます。(京都市:2月の歳時記)
2月2〜4日にかけて壬生寺境内や周辺に露店が多数、立ち並びます。行事は、2・3日に行われます。
行事の他に、節分の題目の壬生狂言が連日行われます。1時間置きに上演され無料で見れます。
鬼は打出の小槌を振って変装し、小槌で多くの着物を出し夫を亡くした女性に与える。
酒宴が始まり、鬼は酔って変装した着物などを取られ正体がバレてしまう。
鬼は目をさまし、何もないことに気づいたが、女性は鬼の嫌いな豆をまき鬼を追い払うと言う狂言です。

2・3日13:00〜20:00(壬生狂言) 2日13:00(山伏・園児の練り供養)14:00(大護摩祈とう) 2〜4日(厄よけ招福のほうらく奉納)


山伏さんが、13:00より壬生寺の周囲を練り歩きます。山伏さん一行が椰神社に到着します。この椰神社では、「おかぐら」が舞われています。
椰神社に到着した園児と山伏さんは、法螺貝を鳴らしながら神社前で供養をします。
  

14:00より、大護摩祈とうが境内で行われます。最初に、東南より、山伏問答が行われ、続いて大護摩祈とうも儀式が行われます。
矢(四方と中
短刀
オノ
住職が状文

火床には、中央の放った矢がささっています。祭壇のロウソクの火から松明に火をつけます。山伏さん2人が火床の前にかがみ、座主さんが文を読み上げます。
   

山伏さんより法螺貝の合図で、真ん中の枯れ枝に火が点火されます。護摩木に火が点くと、山伏の座主が祈祷を始めます。
   
その後、まわりにいる山伏さんがお祈りをして、護摩木を投げ入れます。

4日のぜんざい無料接待は、40分程度で終了しました。
 

壬生寺の大護摩祈とうを見られる方は、30分前で十分です。
護摩木から煙や灰が飛びますので、風下になりますと服など損傷の恐れがあります。


〜壬生寺の行き方〜
市バス「壬生寺道」下車、徒歩3分。/阪急「大宮駅」下車、徒歩7分。/京福「四条大宮駅」下車、徒歩7分。

京都で行われる【節分祭】