北野天満宮(節分祭)

2月3日に北野天満宮で節分祭が行われます。(京都市:2月の歳時記)
西に位置する北野天満宮は、四方詣りの四社寺の一つです。他に、北に吉田神社・南に壬生寺・東に八坂神社とあります。
節分は、一年の災厄や汚れを祓い病気を取り除くために祈願する大切な行事です。
10:00・節分祭。13:00・狂言(茂山千五郎社中)・日本舞踊・豆まき。14:00終了。


狂言の始まりです。
神楽殿に狂言の音色がスピーカーから流れました。茂山社中さん達、演者が8名あらわれ、神楽殿で2列になり座られます。
北野天満宮に来た8名が、場所を決め、鉦などを打ち鳴らしているところに、中央に鬼が登場します。
「ここに異形の者が」と演者が驚きます。そこに北野の神様がやって来て、神様は踊り出します。
神様と鬼がやりとりした後に、演者が鬼に豆をまきをして鬼を追い払います。その後、演者による豆まきがあります。
   

続いて、上七軒の芸妓さん・舞妓さんによる日本舞踏です。全部で4曲の舞がありました。2名・1名・3名・5名。
  

舞が終了すると、芸妓さん・舞妓さん・茂山社中さんによる豆まきが・・・豆を、もらおうと皆さん必死です。豆まきが終わり、一同整列して行事の終了です。
近くにいると柱が邪魔で、全体(舞妓さんや茂山社中さん)が撮れません。後ろか横からの方が良いです。
  

北野天満宮の節分祭を最前列で見られる方は1時間以上前に行かれた方が良いです。
神楽殿に腰掛けをして待っていると楽です。中には、待ちながら食事をする人も・・・
神楽殿の柱が太いので、最前列でも見えにくい場所もあります。30分前になると人でいっぱいになります。

〜北野天満宮の行き方〜
市バス「北野天満宮」下車。/京福「北野白梅町駅」下車、徒歩10分。

京都で行われる【節分祭】