法輪寺(節分祭)

2月2〜4日に法輪寺で節分祭が行われます。(京都市:2月の歳時記)
法輪寺って嵐山にある法輪寺って思われるかも知れませんが違います。円町付近にある法輪寺は、通称ダルマ寺とも呼ばれています。
法輪寺では、だるま8千体が、2・3日(8:00〜21:00)4日(午前中)に公開されます。2・3日には、住職による「だるま説法」が行われます。


法輪寺の門から、ダルマのお出迎え。大小さまざまな達磨(福壽開運達磨)が飾られたり置かれたり。
節分祭の時は、境内に大達磨が置かれていて、一年間の無事平安を祈願する、お札があるのです。
お札に祈願する内容を書き、住所氏名などを書き、達磨に張り付けます。大勢の人が参られるので大達磨も、お札だらけです。
  

堂内や接待所には、達磨が博物館みたいにいっぱい置かれています。接待所では、ハト茶が無料接待されています。
  

堂内では、達磨祈願があり、ダルマを購入された方には、祈願が行われます。


〜法輪寺の行き方〜
市バス「西ノ京円町」下車、徒歩3分。JR「円町駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【節分祭】